中国へ行こう
友好関係を深め、共に発展を目指したい国「中国」をテーマに、ビジネスを視点とした情報を集め、発信しようというブログです。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
カントリーリスク、、チャイナリスク
 中国に生産拠点を作ろう、販売の拡大を図ろうと計画するとき、カントリーリスクも検討のテーマになるのは当然と思います。ただ、突き進むグローバル化の中で、ついつい忘れているワケではないものの判断材料として優先順位が下がってしまう場合もあるでしょう。

 そんな甘さを、尖閣諸島中国漁船衝突事件は吹き飛ばしたのではないでしょうか。事件の影響は既に広範囲に及んでいますし、どこまで広がるかわかりません。カントリーリスクという面から考えれば、実際どこまで影響が広がるかも問題ですが、「どこまで広がるかわからない」という状況も更に問題ではないでしょうか。先の予測がつかない社会では対応、対策にも限度があります。海外進出した意味そのものも問われるでしょう。
続きを読む
スポンサーサイト
DATE: 2010/01/04(月)   CATEGORY: はじめまして
明けましておめでとうございます
2010虎の2

謹賀新年!本年もどうぞ宜しくお願い致します。
DATE: 2009/12/07(月)   CATEGORY: はじめまして
「低価格で安心のビデオ制作パッケージ」のお知らせ
 このたび、不透明と言われるビデオ制作の価格を見直し
ズバリ!!3通りのパッケージ価格を明示した
「低価格で安心のビデオ制作パッケージ」をスタートさせました。

→詳しくはコチラ http://www.ichi-ban.co.jp/

 会社・店舗や製品・サービスの紹介、展示会やイベントでの
プロモーション、作業マニュアルや教育、採用活動など
様々な目的にビデオは活用できます。

1.シンプル・コース
できるだけ低コストでビデオを作りたい
ビデオ制作パック料金 248,000円(税込260,400円)
続きを読む
DATE: 2009/10/21(水)   CATEGORY: はじめまして
プロモーション・ビデオを作ってみませんか?
「低価格で安心のビデオ制作パッケージ」 スタートしました!!
ビデオ制作パック料金 24万8千円(税込260,400円)
安心のパック価格です。
http://www.ichi-ban.co.jp/
DATE: 2008/09/29(月)   CATEGORY: はじめまして
業界専門サイトが次々にスタート
 お酒業界を皮切りに、株式会社いちばんでは、業界専門経営情報サイトをオープンさせています。
続きを読む
DATE: 2008/06/12(木)   CATEGORY: 情報
五輪ちゃん・五輪くん
 北京五輪を控えた中国で、生まれた子供に五輪を意味する「奥運」と命名するのがブームとか。。

 また、五輪マスコットと同じ「貝貝」「歓歓」「迎迎」なども人気だそうで、ちょっとどうかな???なんて思ったりもしますが、日本だって、スピードスケートのメダリスト、橋本聖子参院議員のように、東京五輪にちなんで聖子という名も人気だった訳で、じゃあ、聖子という名前を「???」って思うかと言えば、全然そんなこともなくて、素敵に思えてしまえば素敵になってしまうのですから、名前なんて、そんなものと言えなくも無いのかも知れません。

 おっ、、なんとなく様々気を遣いすぎてやたら、まどろっこしい文章になってしまいました。。
DATE: 2005/10/18(火)   CATEGORY: 日中関係
小泉首相の靖国神社参拝の意味
 今年も小泉首相は靖国神社を参拝しました。いつもと変わらず首相は、「過去の戦没者を追悼する自然の気持ちと、二度と戦争を起こしてはいけないという不戦の誓い」と理由を言っています。

 ところで、その真意はどこにあるのでしょう。戦没者を追悼する自然の気持ち。二度と戦争を起こしてはいけないという不戦の誓い。この二つに今、偽りがあるとは言いません。しかし、靖国神社に参拝しないと追悼する気持ちや不戦の誓いが表せないでしょうか。そうは思えません。違う形でもあり得るでしょう。となれば、敢えて靖国神社に参拝していることになります。
続きを読む
DATE: 2005/10/12(水)   CATEGORY: 書籍
中国人にエアコンを売れ! 高橋基人著
 この本は、中国進出を検討している人、進出している人、共に必読の一冊と思います。著者はエアコンのダイキン、初代中国部長さん。1995年に香港担当課長、97年に初代中国部長になった高橋基人さんと言う方です。



 とにかく実際の話が、かなり実名入りで披露され、地域対策、銀行の選び方から、賄賂の話、マフィアの話まで実際にはこういうことかというエピソードのオンパレードです。

 他社の失敗例、その訳にまで話は及び、具体的に現地はどうなっているんだ!ということを、かなり率直に語られています。
続きを読む
DATE: 2005/06/09(木)   CATEGORY: 書籍
時は流れて~日中関係秘史五十年~を読んで
 劉徳有(りゅう・とくゆう1931生まれ)さんの著書「時は流れて(上・下)日中関係秘史五十年」をやっと読み終えました。上下巻で900ページを超える大作。ちょっと疲れました。中国人の劉さんは、毛沢東や周恩来などの通訳を務めたり、新華社の記者として15年間日本に滞在するなど、現場で日中の歴史を目撃してきた方です。読んで良かった。是非お勧めしたい本です。
050606_0756~01.jpg

(続く)
続きを読む
DATE: 2005/06/08(水)   CATEGORY: 情報
北京経済技術開発区へ12億ドルの投資
 第8回北京国際科学技術産業博覧会(科博会。2005年5月23~27日)の北京経済技術開発区展覧館で5月26日、IT、先進装備製造業、新エネルギー、バイオ製薬、高付加価値サービスなど企業投資・融資プロジェクト19件の進出契約が結ばれました。
続きを読む
チャイナリスク
 「チャイナリスク」、この言葉は特に製造業では、ここ10年、そして今からの10年もキーワードとして語られる重要なポイントです。コストとの関係で言えば、どこで製造をするのかという問題は常に課題となってきました。

 生産停止、原材料の仕入れの停止、人民元の上昇によるコストアップ、不安定な政権による生産停止、日本の製造業の空洞化などチャイナリスクは様々な側面を持ちます。そして現場では解決しきれないチャイナリスクが、そこには多く存在しています。
続きを読む
DATE: 2005/06/06(月)   CATEGORY: 中国関連ブログ
中国へ行こうパート?始まる
 「中国旅行」「33観音」をテーマにしたブログ「中国へ行こうパート?」を始めました。気楽に肩のこらないブログを目指してます。是非、こちらもご覧下さい。
DATE: 2005/06/05(日)   CATEGORY: 情報
ライフスタイルの変化
 中国でもブログユーザーが爆発的に増加、1000万人超えも間近とのことです。

 「博客(ブログ)」は、数年前には中国人にとって馴染みのなかった言葉でした。しかし、今ではインターネットユーザーの間で最も流行しているライフスタイルとなり、驚異的なスピードとパワーで、多くの人々の生活に変化をもたらしています。
続きを読む
DATE: 2005/06/04(土)   CATEGORY: 情報
中国の消費者で日本旅行の行きたい場所トップは東京
 中国の消費者で、行きたい海外旅行先として「日本」を挙げた人に、日本で行ってみたい都市や場所を聞いた調査が発表されました。

 最も多かったのは「東京」で、全体の8割。「北海道」「名古屋」がそれぞれ6割を超え、「大阪」「東京ディズニーランド」はそれぞれ5割台という結果でした。
続きを読む
DATE: 2005/06/03(金)   CATEGORY: 中国関連ブログ
中国を知るならブログをチェック!
 今回は素敵なブログを一つ、ご紹介したいと思います。タイトルは「ぐ-すか・ぶ-すか中国大冒険!」。タイトルからイカしてますよね。内容は「ぐーすか、ぶーすか2人の中国滞在記。現在、内モンゴル自治区フフホトにボランティアとして滞在中。中国語、モンゴル語、二胡、馬頭琴、太極拳、中国茶、F4、中国旅行、中華料理や中国株にも興があります!中国の新聞、ニュース、生の情報も現地からお届けします。」とそのブログでは紹介されています。
e1ebec7bf9e5f9033f73a9209a555d37[1].jpg

続きを読む
Copyright © 中国へ行こう. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。